サービス内容

特殊清掃

特殊清掃というフレーズは、普段の生活では聞きなれないと思います。では特殊清掃とはどんなことを行うのか?といったことを質問されることがあります。特殊清掃とは、お部屋の中でお亡くなりになられ、数日が経ったお部屋の中に残った体液・血液などの清掃を行うことや、火事などの罹災現場など通常のハウスクリーニングでは行えない清掃を行うことを言います。

特殊清掃

中でもお亡くなりになって1週間以上たってから、ご遺体が発見されたケースなどは異臭が立ち込めています。この異臭を私たちは、死臭と呼んでいます。

死臭は、ご遺体の腐敗が始まると発生し始めます。
これはご遺体が腐敗していく中で、細菌が発生してその細菌が発生させるといわれています。

ご遺体の発見が遅れると、ウジ虫が発生してそれが成虫となり、ハエが大量発生します。
この状態になると、壁に黒い斑点状のシミが出てくることがあります。
死臭が充満し、一般の方はお部屋には入っていけない状況になっていることがほとんどです。

このようなケースでお部屋に入り、汚染箇所の清掃消毒を行う作業を、特殊清掃といいます。
多くの場合は、消臭作業と同時に行われることがほとんどです。

死臭の立ち込める現場の中には、空気中の目には見えない小さな細菌が充満しています。
この細菌は、感染症などを引き起こす原因になりますので、特殊清掃を行うにはまず、防護服・長靴・ゴム手袋・防塵マスク・防護眼鏡を着用してから行います。
これは、作業員の健康を守ることと、細菌の2次感染を防ぐことにつながります。

最近は、多くの業者さんが特殊清掃をやり始めていますが、中には消臭対策を行わず、床表面の汚れだけを落として終わりにする業者さんもいらしゃるというお話を聞くことがあります。
弊社では、消臭作業まで終わって初めて、特殊清掃の終了と考えております。

中には、床に体液が染み込み、床の下地まで汚染されていることがあります。
このようなケースは、いくら表面の清掃を行っても消臭作業はできません。
においの元を特定することが、特殊清掃・消臭作業を行う上で重要となります。

弊社では、ご希望のご依頼者様には、工程写真入りの報告書をお出ししております。
弊社だけの特色としましては、消臭対策に特殊塗料を用いた工法を独自に行っております。

お問い合わせ・ご質問などお気軽にご相談ください
東京・神奈川・千葉・埼玉で、親切・丁寧な遺品整理は"絆"におまかせください。
実家の整理・実家の片づけをお考えなら、東京世田谷の"絆"におまかせください。